響道宴オフィシャルサイト

理にかない、カラダに学び、音と遊ぶ。どの空間にもとけこむ技術と即興を得意とする和太鼓奏者。

ブログ
響道宴オフィシャルブログ (響道宴本人によるブログ)はコチラ←


スタッフによるブログはコチラ↓↓↓

スタッフブログ

神戸に行ったなら!

講演会「NO リミット! 〜あなたの可能性がスパークする夜〜」は、打ち上げも盛り上がり、主催のむつみちゃん宅にお泊りさせていただき、ゆっくりさせて頂きました!

 

そして、神戸に来たからには、この人たちに会いに!
ということで、
パク・ウォンさんと
チョ・ヘミさんの長田教坊へ!

およそ3年ぶり?の再会かな…

元気そうでなにより~近況を報告しあい

また、一緒に何かできたらいいね!と、次の機会を願いながら、神戸を後にするのでした~!

 

9月は西へ 神戸篇

NOリミットというタイトルのもとの講演会に、クロージングで演奏!

2018.9.17 NO リミット! 〜あなたの可能性がスパークする夜〜

魂に夢と希望を与える大人気講演家 大嶋啓介 氏
✖️
世界を駆ける身体と魂のスペシャリスト 星子武規 氏

会場の温度がずんずん上昇する、
みんな目がキラッキラッになる感じで、大盛況。
面白すぎる(笑)、そして、ためになる(笑)

これを主催してくれたのは、よしだむつみちゃん!
短期間の企画、開催、集客は、その思いの強さの成せるわざ!!
素晴らしかった!

和太鼓:響道宴と 笙:上田弘美氏と 曼荼羅アート:前田陽子氏のコラボ!

前田陽子ちゃんは、響の独演会でやはり、舞台の映像を担当してくれ、
笙の上田さんとは、初めまして!でしたが、講演会とはまた違ったスパーーク!

いやぁぁ、どことっても素晴らしいに尽きる!

みなさん、ありがとうございました!

 

ここしばらくのチャレンジ

実は…この夏はこんなことをしておりました。

昨年より、響はコンテストという、これまでの太鼓人生において未経験の領域に立ち入っております(笑)

ご存知の方もいるかと思いますが、そもそもは、津軽三味線の山中信ちゃんとの、とある会話から発生したこの出来事!

コンテスト、、、、若いうちならいざ知らず、周囲も今さら?なぜ?となるなか、大太鼓3分という短い時間の使い方を、試行錯誤。

構築、バラシ、再構築・・・・の繰り返し。

自分とは違う目線を持つことを覚え、

それでもどこを目指すのか自問自答を繰り返し、

構築したものをいったん手放すことへの葛藤をしながら、積み上げていく。

この夏の酷暑の中、繰り返し繰り返し…

通常の演奏状態とは違う体験、それの取り組みをみながら、これはなかなか貴重な体験なのではないかと思う。

今まで知らなかった世界、太鼓の世界だけでもこうなのだから、
この世界は、知らないことだらけなのだと(笑)

楽しみが増えた!

 

残るモノ…繋ぐモノ…

実は先日、「兄」と呼んでいた、お世話になった人が逝かれました。

ここ数年は、会うこともなかったのですが、突然のことに、ビックリしました…。早すぎる…。

その人は、デザイナーで、当時同じ会社で、部署は違えど、同じフロア?で仕事をしていました。

なんで仲良くなったのかは思い出せないけれど、当時二人は同じ髪型だったので、外部からの人に「二人は実は、腹違い兄妹なんです」などなどとテキトーなことを言って騙して(笑)楽しんでおりました。

いつも飄々としていて、愛想もそんなにないかと思いきや、慣れるとそうでもない…

我慢が嫌いで、嫁は大好き。

目を悪くしてからは、この世のものじゃないものも見えた時期もあったりして、普通なようでかなりいろんな体験をしていたと思われる。

「あんまり長生きしたくないんだよねぇぇぇ」って口癖もあったな…そんなとこだけ有言実行しちゃってさ…と思う。

そして「兄」は響のソロ公演時のフライヤーのデザインを何度かつくってくれました。

これが「兄」につくってくれたうちのフライヤーで最後のもの…だと思う。(2001.12.24公演)

公演のひとつ一つに、関わってくれた人たちのチカラがある。

あらためて思い出した…そんな人たちのチカラと想い…

ありがとう。

 

 

さすがなサムライたち!

2018.7.25 は、大宮八幡宮での奉納演奏

「時間をはずした日の祭事」に、

サムライソードアーティストの島口哲朗さんをはじめ、剣伎衆かむゐのみなさまにも参加いただきました!

その一挙手一投足が、学びになる方々です。

音楽は、昨年に引き続き、ギターのミヤケリョウくん、

今回初参加の、チェロ・清川水鳥ちゃん、

久々の尺八・小濱明人くん(おばまん)、

という、出会ったらおもしろ、ステキな音の絡まりが必須と思う信頼するメンバー。

ここ数年参加の和太鼓チーム・阿門(響道宴太鼓研究会メンバー)、

そして、響 道宴。

 

猛暑!ながら、この日は、風もあり比較的涼しく感じる日。

正式参拝を出演者一同でさせていただき、この祭りの意義を皆で確認しつつ、夕刻より開演。

 

この日に毎年思うこと「神人和楽是神遊」。

これを思いながらいると、この場所で、これが観たい、これが聴きたいということが、びよーんと降りてくる(笑)

そんな一つが、ベートーベンの月光(和太鼓・尺八・チェロ、ギターで演奏!)で出てくる島口さん!

かっこよすぎる‥‥実際、かっこよかった!!!!!!

後で聞いたところによると、この瞬間、ホントに上空に雲から月が出てきたとか、自然界の大演出!ありがとうございます!

そして、太鼓のみの、八丈スタイルの演目と、かむゐの剣さばき!

ワタクシ、後ろ向きポジションのため、ほぼ見れてませんが、写真でみるかぎり、かっちょよい!

過去最多の出演者数で奉納させていただいた今回!圧巻でした!

大宮八幡宮さま、

鎌田宮司様、齋藤さま、みなさま、

出演者のみなさま、

ご陪観のみなさま、

暑い中ではありましたが、ありがとうございました!

また、この祭りに関するすべての方々、ありがとうございました!

そして、新しい年です。おめでとうございます~!

※この日の主旨はこちら→http://t-hibiki.com/wp/live/2018年7月25日/