響道宴オフィシャルサイト

理にかない、カラダに学び、音と遊ぶ。どの空間にもとけこむ技術と即興を得意とする和太鼓奏者。

11月

Godai Live ご報告

11月15日、Godai Live 無事終了~。

四つのエレメント、地・水・火・風をテーマに、それぞれのソロ演奏から始まったライブ。

「地」を津軽三味線の山中信人が、

「水」を尺八の小濵明人が、

「火」を和太鼓の響道宴が、

「風」を25絃箏の荒井美帆が、紹介を兼ね、それぞれソロで表現。

それぞれの持っている音を、響きを味わってもらった後は、4人での合奏~。

そして、どの組み合わせも可能な4人なのですが、今回は、「太鼓×箏」と「尺八×三味線」という二人づつのコラボを!

響と美帆ちゃん(荒井)の「赤の時間」という即興曲、かなりよい感じでした~♪

信ちゃん(山中)とおばまん(小濵)の「十三の砂山」、さすがな二人!!!

再び4人に戻って演奏すること、3曲。どの曲もイメージが伝わり、奥行きあり、その世界にはまるような演奏でした。

アンコール後、お客様からのうれしいお声をいただきながら、無事終了~!

今回のタイトル「相和す」の表す通り、

それぞれの中に一つ強いものがあって、その力と相手を認めることによって、協力(和する)こと、

奏でることができる、和やか中にも真剣な勝負、それぞれが個性と実力を出し合う、そんな会になったと思います。

ご来場くださったみなさま、ありがとうございました~。

次回はいつかなぁ~。早めにまたお目にかかれることを願って(笑)

by seri