響道宴オフィシャルサイト

理にかない、カラダに学び、音と遊ぶ。どの空間にもとけこむ技術と即興を得意とする和太鼓奏者。

2014.7.17実験バトルライブvol.29 ご報告

2014.7.17実験バトルライブvol.29 ご報告

この日のゲストは、

篠笛奏者の武田朋子さん!

7月は七夕の月!そして、女性ゲストということもあって、ちょっとロマンチックなテーマでと思い立ち、1限目のテーマは、「愛逢月(めであいつき)」。

7月の異称。読んで字の如く、愛に逢う月!そして、思い出されるのは、織姫と彦星!今年は、雨じゃあなかったので、きっと会えましたね。

いろんな愛のカタチを音に替えて、愛ある音楽をお届け~!

いきなり、和太鼓奏者…なのに…ブリキなオリジナル楽器をたたき出す…

P1000064

 

篠笛奏者…なのに…明らかに篠笛じゃぁない縦の笛を吹きだす…

和モノ2人、トリッキーな入り…「愛」よ!愛! 大丈夫なのか?(笑)

その後も、いろいろな笛が飛び出て~~~

P1000087

 

愛にはいろんな形があるね!でも、男は女に振り回される!という実験の結論に達しました(笑)

 

2時限目のテーマは「宇宙の門」。

古代マヤの暦では、7月は年末にあたります。

マヤでは時間は、自然のリズム、宇宙のリズム。決して時計ではありませんよ~。

自然のリズムは、一つの周期(一ヵ月が28日)。満月の周期も、月の公転も、太陽の自転も(29.53日・27.32日・28日)

その一年の締めくくりが7月24日。

はじまりは7月26日。

その間の7月25日が「時間をはずした日」と言われ、タイム・イズ・アートを祝う(表現)する日。(詳しくは、コズミックダイアリーor13の月の暦のサイトへ)

7月は宇宙の月と呼ばれる月です。あらたな1年を迎える、いままでを越えていく意味で、宇宙の門。くぐる、超える!

壮大なテーマで実験開始!

 

またも、カリンバから始める篠笛奏者…(笑)

ダルブッカたたきはじめるドラム奏者…(笑)

非常にプリミティブな音が~、起源を感じるわぁと思っていると、

展開、展開、展開~。

インディアンフルートの2連ものに、ぴよぴよ笛(勝手に名づけてるけど←)も交互に吹く、武田博士!

口は、いっこしかないですよぉぉぉ

P1000080

 

P1000083

どんだけ門をくぐるんだぁ…

透さんは、門が締めかかった時もあったらしいけど(笑)

P1000066

 

 

 

無事、新しい1年を迎えられるようになりました!!!!

P1000086

 

今回もまた、実験成功です!

みなさま、ありがとうございました~♪

 

 

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。