響道宴オフィシャルサイト

理にかない、カラダに学び、音と遊ぶ。どの空間にもとけこむ技術と即興を得意とする和太鼓奏者。

06月

妙法寺投げ銭ライブとは…

すっこーんと晴れた本日、恒例の妙法寺投げ銭ライブでした。
杉並区が地元の響、その後縁あって、数年前より縁日の日に野外投げ銭ライブをさせてもらっていますが、

その昔は、縁日の日は、平日だろうが休日だろうが、いつも賑っていましたが、時代の流れか、現在はほのぼのとした感じになっています。

お経の声が境内に響き、その声が止む時刻ころから、太鼓の演奏をさせてもらっていますが、太鼓の音が鳴るとどこからともなく人が寄って来てくれ(たまには、極少数のときもありますが笑)、

思い思いの場所で見、好きな時間に立ち去り、または、共に拍子をとったり、写真や動画を撮ったり、などなど自由な楽しみ方をしているといった具合で、その流れがなんとも自然で、心地よい感じではあります。

普段の生活の中では、金額が決まっているものを購入、支払うというシステムであり、ある意味、本当にこれはこの価値や対価なのかなど考えなくてもよい中で過ごしています。

投げ銭というスタイル、自分の意思決定による表現に対する評価は、通常あまり経験ないのではないか、そして、それによって少し違う視点から、モノが楽しめたり、考えたり、感じたりすることもあるのではないかと思います。

お寺のお参りの帰りに立ち寄ってくれる方、付近を散歩されて来られる方、目の前のスーパーでの買い物途中で寄って下さる方、わざわざ観に来て下さる方、その時々のタイミング、ふとした時間を共有できる場所となっていることが、なんとも心地よしです。

KIMG1245

本日は響道宴と、岩井直弥、阿門(響道宴太鼓研究会)のメンバーと、小響の会(太鼓ワークショップ)のメンバーで演奏させてもらいましたが、小響の会のHanakoが、「めっちゃたのしい、楽しすぎる~」と。

KIMG1251

3歳から太鼓に触れていたHanakoも中学生~。皆で曲をやる楽しみ、自分以外の人の音、タイミング、流れを感じながら、アイコンタクトなどもできるようになり、みんなで繋がって、紡いでいる感を味わえるようになって、その素直な表現が「楽しすぎる~」だったように思いました♪
KIMG1242

それぞれの出来を、皆がちゃんと受け止めるようになってきて、また次へ繋がっていくんだなぁと、素晴らしい空の下思った本日!
あ~、楽しかった!!!!




 

 

実験ライブvol.40 ご報告~

実験ライブ
サウンドチェックからの~

KIMG1231
本番
1時限目のお題は
「下萌え(したもえ)」。
芽吹く前の、土の下でエネルギーをためている、いつでもいけるでぇ~な感じを。
大スパーク中(笑)

KIMG1237

 

実験ライブ2時限目のお題は「閻魔(えんま)」。
元々は、ヒンズーの神様。仏教では、地蔵菩薩にあたります。
閻魔さまの前では、決してウソはつけない!

KIMG1234
いざその前にたったとき、楽しく喜ばしい人生だったか?と聞かれたら、ウソなく、モチロンそうでした❗
と、言えるような音楽を‼というお題(笑)

閻魔さまの前に立った気分で(笑)

KIMG1235

KIMG1240

DJ HANGERの急病により、 実験ライブのゲストにジャズピアニストの秦野萌(はたの・めぐみ)さんが参戦してくれることになりました。
トリッキーな萌ちゃん、、、参戦の仕方もトリッキーになってしまいました(笑)

しかし、しっかりと実験終了~。

ありがとうございました!

実験ライブとは…

毎月恒例のライブ、「実験ライブ」!

和太鼓とドラムだけで、何を????

と思われている方、いまだに多し(笑)

始めた当初は、まさに2人だけで実験を繰り返し、

2014年より、毎回違ったアーティストが参加!

このライブの醍醐味は、

「音楽」が生まれる瞬間に立ち会えることだと思っています。

即興という、そこにしか、その場所にしか、その瞬間しかない音の紡がれ方…

各人がそれぞれの存在・音・質を感じながら、出たり引いたりしながら、うねりを生み出している。

これは、各人がそれまで培った自分の楽器に対する大好き感(笑)と、深い探求心、表現する心と技術を持ち合わせて、

はじめて成り立つものだと思っています。

なので、毎回、素晴らしい出産(?)に立ち会え、喜ばしい限りです!

以前ゲストに来てくれた、篠笛奏者の武田朋ちゃんは、「ドラムと和太鼓の大きな波にゆられて、その上に乗って演奏してるみたいだった!」

P1000080

トロンボーンの宮内岳太郎さんは、「スリーピースバンドみたいで、ROCKだった~」と…。

P1000111

他、ゲストに来ていただいたアーティストさんは、皆「楽しかった~♪」と言ってくれます。

これは、決してお世辞ではないと…バイオリンの入山ひとみさんなど、見てからに楽しそうでしたし。

KIMG0952

そして、また来たいと言って下さるアーティストさん達…演奏している人たちが一番楽しいのかもとも思っていますが(笑)、

その楽しさが伝わり、ご来場くださった皆さまの生活が楽しくなるよう、彩りがあるよう、元気がでるよう~と願っています。

そんな実験ライブの楽しみ方は、お題(テーマ)という言葉が、音楽という力を用い、耳に、皮膚に、ハラに、魂にダイレクトに届く感じを味わうというのがオススメです。

イメージを使うのもよしです(笑)

言語まったく必要なしなので、自由自在に解釈していただき、お楽しみいただければと思います。

 

そんな実験ライブ、お待ちしてます~。