響道宴オフィシャルサイト

理にかない、カラダに学び、音と遊ぶ。どの空間にもとけこむ技術と即興を得意とする和太鼓奏者。

06月

ついにお披露目!そして、無事終了~

6月19、21、23日は

明治座のナイトエンターテイメントショー

SAKURA
– JAPAN IN THE BOX –

http://sakura-meijiza.com/

のトライアル公演でした!

KIMG3071

KIMG3091

KIMG3103

KIMG3094 (1024x768)

内容については、この記事に詳しくでています。↓

http://newslounge.net/archives/189279

 

そして、これまでの軌跡はこのブログ「ついに情報解禁~和楽器奏者の底力」

にて!

 

4月奏者の顔合わせから、6月23日まで、

さまざまな変更やチャレンジを繰り返し、その度に皆で越えてきた感がハンパなく、舞台にも出ています(笑)

まだまだ、ブラッシュアップしていくことでしょう。

個の奏者であり、それぞれを活かしあい、チカラを出しあい、よく笑い、よくしゃべり、よく飲む(笑)

KIMG2943

こんな密着なシーンはないものの、宣材撮影のため!

 

KIMG3089

片手にたい焼き、 片手にシュークリーム…食いしん坊かっ!の図

 

KIMG3086

ひとまず乾杯~ 飲めない2人が一番手前にいる図 のんべぇは中ほどにいる図(笑)

こだわるとこはこだわる、、、それは、我が我がではなく、全体としてクオリティが上がると思うから…。

 

 

KIMG3067

出陣~ だんだん化粧が濃くなってきた図

 

関わるからには、よりいいもの、それぞれが活きるもの、活かすものを。

その想いが共通してというか、共鳴していたところだった気がします。

和太鼓/高木てん・江上瑠羽・月村路子

津軽三味線/土生みさお

25絃箏/喜羽美帆

篠笛(能管)/武田朋子・小泉なおみ

そして、邦楽監修/ 響道宴

KIMG2927

5月…化粧が薄い…の図

 

KIMG2944 (1024x768)

ダンサーは絶対ムリ!と悟った図

 

KIMG3122

どうしてもレディース感がでてしまう図・・・(笑)

 

今までにない違う質のエネルギーを使い、密度の濃い時間を過ごしていたこと、

一区切りついたところながら、ものすごく懐かしい気さえしています。

KIMG3126

どんなポーズにしてもレディース感を増す図

 

さぁ、次!

もろもろ溜めこんでる(笑)もの、クリアに…!

 

 

響道宴&阿門からの響道宴×秦野萌LIVE

6月23日の日中は、妙法寺にて、阿門と共に出演~!
搬入、セッティングの時点で、すでに汗だく…。

控室の涼しさにひたる間もなく、本番…

11時過ぎって…太陽さん、お元気…

個人的には、ドラに見事に太陽光が反射して、顔面に直撃しておりました。

演奏中は、目が開けれません~~、前も向けません~~(笑)

楽しく演奏終えると、今度はバラシ&搬出…。

汗は一層増し、ぐだぐだ。。。

ようやく終えて、わーい、涼しい控室へgo!

myouhouji0626

すると…次の出演者さんの為、控室を空けて欲しいとのこと…

またも涼む間もなく、着替えて外へ…。

木陰で、みなでお昼を…。現地解散!
S__19578898
その後は、すわんどでのライブの為、一路さいたま新都心へ!

ライブは

1.小泉謙一 ソロLIVE

KIMG3159

2.東京おとめ太鼓 LIVE

KIMG3168

3.響道宴×秦野萌(key) LIVE

KIMG3175

全く異なるメニューが出揃い、さまざまな音色、温度、質感を感じれたように思います。

久々の萌ちゃんとのコラボ…トリッキーさと、自由さは、以前に増しておりました(笑)

KIMG3180

「楽しかった~♪」というお客様の声も、嬉しい限りです。

また、この組み合わせは観れると思いますので、是非!

夜まで、熱い、長い一日でした!

そして、〆は、小泉くんとラーメンで乾杯…。

KIMG3184

 

KIMG3167

久々のツーショット~

KIMG3182

おとめちゃん達に囲まれて、ちょっと小さくなっている響くん(笑)

 

 

ついに情報解禁~和楽器奏者の底力!!!

ようやく情報解禁にて、

ここ3ヶ月…かかりきりの案件(笑)

ようやく情報解禁です。

9月から始まる明治座でのナイトプログラム!

NIHONBASHI NIGHT PROGRAM
SAKURA
– JAPAN IN THE BOX –
presented by MEIJIZA

http://sakura-meijiza.com/

100回の公演を予定しています。

ワタクシ、和楽器奏者のキャスティングを担当、響道宴は邦楽指導という立場にあり関わって参りました。(なぜかそれ以外にもやっていたような(笑))

今までなかったものを創造するという、エネルギーを必要とするところを、

我らとともに

和太鼓の高木てん、津軽三味線の土生みさお、25絃箏の喜羽美帆、篠笛の武田朋子が、一緒に作り上げてくれました。

KIMG2929

パン買ってこい!の図(笑)

KIMG2946 (768x1024)

なんだろ、このレディース感! 総長が一番右。 右から2番目は特攻隊長 左から2番目は、旗持ち 一番左は、ケツ持ちという図(笑) 何のチーム(笑)

mmw10

KIMG2971 (1024x768)

夜な夜なレコーディングの図

KIMG2983 (1024x768) KIMG2978 (1024x768) KIMG2974 (1024x768) KIMG2972 (1024x768)

 

そして、ここに来て、和太鼓の江上瑠羽、月村路子、篠笛の小泉なおみという力強い仲間が増え、安定感を増してきました。↓

KIMG3021 (1024x768)

音楽スタジオでお稽古!

KIMG3024 (768x1024)

舞台稽古後の親戚の集まりの図(笑)

あらためて、今回このメンバーが集まってくれたことに感謝です!

一緒にモノをつくりあげることの出来る人を選んでいたんだと、あらためて自分の中で発見というか、自覚というか、した時でもありました。

その条件は、まずソリストとして立てているということ。

和楽器奏者は、奏者と楽器と一体となっているので、ただ太鼓が叩ける、笛が吹ける、三味線や箏が弾けるというだけではないということ。

奏者の存在そのものも楽器の一部であり、楽器が奏者の一部でもある人でないと!

というところが、きっとワタクシの選ぶところなんだと、あらためて知った(笑)自分自身で明確に発見!

その人たちが集まったパワーを目の当たりにすると、嬉しくなるんです。

その人たちが集まった化学反応は凄いんです!

それを観たいがために、それが出来る奏者を見つける→今のところ100%の的中率!(笑)目利き率ハンパないです(自画自賛)→必然的に置屋のババァです。

KIMG2930

今後は、楽しみしかない!という公演ですので、9月より是非ご来場くださいませ~♪