響道宴オフィシャルサイト

理にかない、カラダに学び、音と遊ぶ。どの空間にもとけこむ技術と即興を得意とする和太鼓奏者。

02月

舞台を創るということ

いよいよ明日から、渋谷のCBGKにて「The Factory」公演が始まります。

能楽師狂言方の大藏基誠氏が、初演出・脚本・出演する舞台です。
公演の詳細は↓

http://t.livepocket.jp/t/3g4u-

 

リハのまとめをする演出家!

「後生畏るべし」

自分たちより年下の人たちと一緒に何かを創らせてもらう機会が多く、その度にこの言葉を思い出します。
先達、先人たちが素晴らしいのは勿論のこと、歳は違えど、尊敬すべき人たちはたくさんいて、一緒に何かを創れるという喜びをここ数年、多く感じています。

今回の舞台もその一つです。

演出の方法や、進行の仕方、雰囲気・・・・演出家の個性によってさまざまで、観てて楽しいし、学びがたくさんです。

今回の演出家・大藏基誠は、その個性なのか、狂言が生活のすべての基盤なのか、所作に関してたくさんの案を出し、伝統を守ってきたからこそ見えている世界と、それを伝える新しい視点を提案している姿は、かなり見事です。

日本の文化は、「見えないものを見る世界」想像する世界、感じる世界。

そして、また黒子などの「見えているもの」をないものにして楽しむ、やはり想像する世界、感じる世界。

それは、生活の中に根付き、魂に刻まれ、動きに、言葉に、音にして伝わってきたものなのかもしれないなぁなんて思いながら、前日リハです(笑)

真剣なのに深刻にならず、感心しながら笑える、かなり楽しい舞台となっています。

明日より、お待ちしてますので、ぜひ!

公演にこんなシーンはありません(笑)↓

おまとめブログ!

新しいこと、再開すること、さまざま始まりました!

まずは、
能楽師狂言方大藏基誠が初脚本・演出を務める舞台
『THE FACTORY』公演についての制作発表が1月に東京都渋谷区で行われ、2月に入り
リハが始まって、かなり面白い舞台になっております!
http://www.soraxniwa.com/article/event/201701/thefactory

この舞台については、また後程、ブログに!!!

そして、響やワタクシが関わっている明治座SAKURA~JAPAN IN THE BOX~が約1ヶ月のお休みを経て、1月より再始動しました。
今も進化を止めない舞台は、いろいろと変更あり、パワーアップしております。
そして、この2月よりこの舞台に出演している和楽器隊のサイトを作成しました!
その名も「和ノSAKURA」~紗パネの乱~
https://cibhibiki.wixsite.com/wanosakura

演出上、紗パネの中で演奏している和楽器隊。
その中でいつも素晴らしい演奏をしてくれている彼女たちの姿を、
紗パネの内側や、客席から、舞台下、舞台上など複数の視点から映した映像も見れます。
SAKURA公演は、3月末まで上演しておりますので、こちらも是非!

ライブ報告的には、
1月26日に@JPOライブは、年明けらしいお題で、音楽とともに再度日本語の美しさと意味を知るライブとなりました!

次回は、3月21日です。

そして、今年の節分での相方は、SAKURAにも出演してもらっている「的場 凛」ちゃん!

そして、毎年お会いする初代・タイガーマスクの佐山サトルさん、歌手の黒沢博さんともご一緒させてもらいました。

その後は、響と凛ちゃんとワタクシ3人で、滝へGO!

そしてそして、響とワタクシ、京都の伏見稲荷大社へ参拝し、再び凛ちゃんと合流!

というか、凛ちゃん実家のお店へ押しかけ(笑)

的場牛を堪能させていただきました!!!!

美味しすぎです!!

という、幸せな節明け!よいことがまた待っている2017年(笑)