響道宴オフィシャルサイト

理にかない、カラダに学び、音と遊ぶ。どの空間にもとけこむ技術と即興を得意とする和太鼓奏者。

THE FACTORYについて

THE FACTORYについて

お蔭様で、2月24日~26日、CBGKでの舞台「THE FACTORY」が、大好評のうちに、幕を閉じました。

大勢のお客様にご来場いただき、こちらが感動するほどの素晴らしいお声を頂きました!

今回、関係者ながら、本当に、本当によい舞台だったと思います。

ワタクシ自身が、なぜこのように音楽や舞台や芸術に関わっているのか、創造したがっているのか?

なんとなく言葉にならなかった思いや、もやっとした思いが、明確になったきっかけになったのでした。

大藏基誠を、今回は絶賛(笑)していたわけですが、その背景にあるものは、やはり650年の伝統が「何を」伝えてきたかということと、そのスピリットをどう身につけ、次につなげるのかということの歴史の重みを垣間見たような気がしました。

上左:島口哲朗(かむゐ)、上中:響道宴(和太鼓)、上右:GENDAI(ダンサー)、下左:久保田祐司(津軽三味線)、下中:大藏基誠(狂言方)、下右:中村仁樹(尺八)

そして、和太鼓・津軽三味線・尺八などそれぞれの歴史は違うものの、その根底にあるものは同じことであり、それよりも新しいダンスというジャンルや、生死をかけた刀がその役割を替えつつ、やはり、それを伝える根源となるもの、目指すものは同じであると感じました。

最後の全員のコラボ、基誠が言祝いでいるようなシーンは圧巻で、それまでの全てが生かされていました。

本当に、キャスト・奏者・スタッフ、そして、ご来場くださった皆様、ありがとうございました!!!!

これは、ぜひぜひ、次へ!

かつぎ桶:大藏基誠(狂言) 大太鼓:久保田祐司(津軽三味線) 見守り:響道宴

舞台裏にて GENDAI、大藏彌太郎、響道宴

どうしても、一度は差し入れしてみたかった、念願の「おつな寿司」(笑)! 美味し!楽屋に似合うなぁ~

« »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。