響道宴オフィシャルサイト

理にかない、カラダに学び、音と遊ぶ。どの空間にもとけこむ技術と即興を得意とする和太鼓奏者。

04日

ライブの場所について思う…

ここ数年、杉並の妙法寺さんで縁日に投げ銭ライブをさせていただいています。

基本、阿門メンバーと響道宴の共での30分ほどのライブになります。

GWの5/3、午前中の雨もすっかり上がり、午後3時には、過ごしやすい晴れ!

風が強いものの、気持ちのよい天候!

しっかし、人が…おりません…

と思っていたら、

「何時からですか?」と小さい人が、ママに連れられて尋ねに…。

まだ30分以上も後の演奏に待ってくれている方々もいて、始まる頃にはどこからともなく人が!!!

老若男女がそれぞれの楽しみ方、

飛び跳ねる小さい人、

泣きながら聞いてくれているおばあちゃん、

リズムに乗りながら聞いてるおねーさん、

味のある手拍子をしてくれているおじいちゃん、

お子さんを抱っこしながらアイコンタクトしあってるママさん。
それぞれが、楽しんでくれました!

ある方に、お寺や神社で演奏するってことは、徳を積んでるんだよ!と教えてもらったことがあります。

お寺さんや神社さんには、お願いする人、祈る人が来ます。

そのことを音で後押しできるような音が届けられればいいなぁと、、、、太鼓にはそんなチカラがあるようですが、音を出す人の方も、祓ってもらっているようです(笑)

 

魂震曼荼羅な日(だった日)

4/8 山本能楽堂での独演ライブは、、、

思ったより仕込みに手間取りつつも、

素晴らしすぎる会場と、

熱く芯のある仲間と、

初めてのものに飛び込んでくれる勇気と温かなお客様により、

 

タイトル通りのライブが出来たのでした!!!!

ホント、ありがとうございました!

曼荼羅アーティストの前田陽子さんの曼荼羅が、大太鼓に投影された時には、鳥肌もんでした!

観たかったもの

 

聴きたかった音

出会いたかった人

一緒に笑いあえ、美味しいお酒を飲めたこと(笑)

上出来でした!!!

深謝!