響道宴オフィシャルサイト

理にかない、カラダに学び、音と遊ぶ。どの空間にもとけこむ技術と即興を得意とする和太鼓奏者。

未分類

ここしばらくのチャレンジ

実は…この夏はこんなことをしておりました。

昨年より、響はコンテストという、これまでの太鼓人生において未経験の領域に立ち入っております(笑)

ご存知の方もいるかと思いますが、そもそもは、津軽三味線の山中信ちゃんとの、とある会話から発生したこの出来事!

コンテスト、、、、若いうちならいざ知らず、周囲も今さら?なぜ?となるなか、大太鼓3分という短い時間の使い方を、試行錯誤。

構築、バラシ、再構築・・・・の繰り返し。

自分とは違う目線を持つことを覚え、

それでもどこを目指すのか自問自答を繰り返し、

構築したものをいったん手放すことへの葛藤をしながら、積み上げていく。

この夏の酷暑の中、繰り返し繰り返し…

通常の演奏状態とは違う体験、それの取り組みをみながら、これはなかなか貴重な体験なのではないかと思う。

今まで知らなかった世界、太鼓の世界だけでもこうなのだから、
この世界は、知らないことだらけなのだと(笑)

楽しみが増えた!

 

久々に集まったのは…やはり呑み(笑)

先日、津軽三味線の山中信人氏(以下、のぶちゃん)の、

・津軽三味線世界大会三連覇

・埼玉グローバル賞

・芸能活動30周年

などなど重なった祝いの宴「感謝の宴」があり、大勢の方と一緒にお祝いできました!

IMG_20180716_144011

ここに、詳細が!
↓↓↓
響道宴のインスタグラム
https://www.instagram.com/toenhibiki/

 

IMG_20180716_145002

 

この会の主催者さまたち、のぶちゃんの弟子の方々にどさくさに紛れて、

二次会へ(笑)

ここで、ふと気が付いた!!!!

あの、幻のユニット「Godai」のメンバーが、集合している!!!!!

IMG_20180716_150948

飲み会の数の方が、ライブを行った数よりも多いという、伝説(笑)の「Godai」!

メンバー同士はそれぞれに現場が一緒になったりしていたものの、

全員揃うのは‥‥いつぶり????

それさえ、思い出せない(笑)

カメラマンの井上さんの名言

「呑んで伸びるGodai」

o0960072014230531705

この日もよく呑んだので、そろそろ、なんかやりましょ!!!と思った夜・・・・。

 

Godaiのメンバー/※呑まないのは響のみ

響道宴(和太鼓)

山中信人(津軽三味線)

小濱明人(尺八)

喜羽美帆(25絃箏

SAKURA…千穐楽月に思うこと

響道宴ともども関わらせていただいている、明治座SAKURA~Japan In The Box~もいよいよ今月末、千穐楽をむかえます。

女性の和楽器奏者が総勢22名で、毎回各パート1名ずつ、5名の奏者が、舞台に上がっています。

奏者同士の組み合わせも様々で、100回近い公演ながら一度も一緒にならなかった組み合わせもあるようです。

そして、3月に入り、奏者が一人ずつ、千穐楽をむかえていっています。



卒業を見送る担任の先生な気分…しかも新任ではじめての卒業…という感じです。

昨年夏に初めて、ほぼ全員の奏者が集まり、アイスで乾杯しながらのリハ開始(笑)

季節は巡り、劇中の桜の開花のように、本当に桜が咲く季節になり、あの時はまだ見えてなかったそれぞれの花。
それがこんなにも彩り豊かだったこと、こんなにも個性あふれ、生命力あふれて(笑)いたのかと、毎回舞台をみて思っています。

このSAKURAという舞台は、奏者だけでなく、キャストやダンサー、映像、そしてテクノロジー、伝統、などさまざなま要素や仕掛けがちりばめられています。
皆でSAKURAを咲かせています!


日本人がなぜ花見をするのか?
櫻とは、「幸い」の神さまが里へ降りてくることを伝える花・・・
花見とは、神さまが降りてきたことを喜ぶ行事だったのでしょう。

一足早いお花見をぜひ明治座へ!

明治座SAKURA~Japan In The Box~公式サイト→http://sakura-meijiza.com/

SAKURAすぴんおふサイト(和楽器奏者)→和ノSAKURA (紗パネの乱)

THE FACTORY番外編

演出の大藏氏の強い希望により(笑)、大太鼓が粉まみれになりました!

彼は、大太鼓に粉を仕込む職人化し、最後は、見事なまでの粉の飛びよう(笑)

後日、掃除機で吸っても吸いきれず、
きれいになったと思っても、太鼓をたたくと、粉が次々と(笑)
ええ思い出です(笑)

そして、大藏流の畏るべし一面を見ることになるとは・・・

「おにいちゃん~」とこの公演中呼ばせていただいた、大藏彌太郎千虎さん。

凄い才能が!

ジュータンアーティスト!

650年の伝統は、こんなことまで(笑)

これは、すべて絨毯に描かれてます~

その模様は↓↓↓

おおぉぉ~

楽屋でも、「THE FACTORY」な一同(笑)

予告通り(笑)な5月

段取り、段取り…な5月でした。

予告通りというか、なんというか…。

某プロジェクトに関わっての約2ヶ月…

創造するということのチカラのもとをどこに置くのかを、見つめさせられた日々でもありました。

そして、それらを共に創り上げていく仲間のありがたさ…。

夜中や、急なレコーディングに対応してくれる柔軟性と、
気力といいものを創り上げたいという想いで動いてくれる、奏者と関わるスタッフ…。

KIMG2924 (1024x768)

録音ブースにぴったり入った25絃箏! 奏者・喜羽美帆。

KIMG2909 (1024x768)

深夜からのレコーディング…。 実は、この日が初対面の 津軽三味線奏者・土生みさお。

KIMG2923 (1024x768)

篠笛の武田朋子を撮影する 25絃箏・喜羽美帆。

今回は、ワケあって、女性奏者をキャスティングし、もろもろ動いていますが、

気持ちがいいくらい、ハッキリ、スッキリして、個性的です、みんな。

そして、みな集まると、、、、にぎやか過ぎる!!!!

KIMG2923 (1024x768)

mmw8

サウンドチェックと、舞台稽古の合間の食事でさえ、 打ち上げのような(笑)

KIMG2940 (1024x768)

和太鼓奏者のてんちゃんにもらったジャムを片手に… 舞台メイクのため、みんな顔がはっきりしております(笑) 左から 喜羽美帆、響道宴、土生みさお、高木てん、武田朋子。

響が黒一点…一番細やか…女性っぽい(笑)

そんなこんなで、

一段落の5月の後の、ヤマ場の6月…。

このプロジェクト、6月中には情報解禁~なる予定ですので、お知らせしたいと思います。

そして、残り2日の5月中に、

再度、再々度、自分の中のさまざまを明らかにして、進みたいと思います~

 

楽しむことって!!!!

第2回ダンス&パフォーマーフェスティバル Halloween 収穫祭SP 番外編ですな

 

二日目の10月18日には、パンダちゃんがどこからともなく参加してました。

メロンパンのALLHAPPyHAPPy さんのとこのパンダちゃんだと思いますが…。

KIMG1889

何気なくみていたら、

パンダちゃんをどついている子供が…

「あ~、ああいうやついるよね」

「親も注意しないしね…」

「手ぇ出せないのわかってやるっって感じかね」

と、知人と会話しつつ、

あまりにもひどかったら、言いにいこうかと…

しかし、なんと説明すればよいのだろうか?とふと考え、

「みんな、仲良く!」

とか、

「手ぇ、出せないからやっとんやろ! 卑怯やろ!」

とか、

どう言ったらいいもんかねと思っていたら、

パンダちゃんの近くで、

ノリノリのお嬢さんたち!

 

ステージみながら、めっちゃ一緒に踊ってる。

そこに、パンダちゃん、どつかれながらも合流~!

そしたら、なんと

どついていた子供たちも、

お嬢さん、パンダちゃんたちと一緒に踊り始めた!!!!!

おぉぉおおおおお~!!!

これぞ、ダンスの本領発揮!

音楽のチカラ!!!!

楽しいことは、伝染する!

メロンパンも伝染する…(笑)

KIMG1883

ありがとぉぉ!

子どもたちを怯えさせたゾンビ達は、

確保されました!

KIMG1890

 

実験ライブとは…

毎月恒例のライブ、「実験ライブ」!

和太鼓とドラムだけで、何を????

と思われている方、いまだに多し(笑)

始めた当初は、まさに2人だけで実験を繰り返し、

2014年より、毎回違ったアーティストが参加!

このライブの醍醐味は、

「音楽」が生まれる瞬間に立ち会えることだと思っています。

即興という、そこにしか、その場所にしか、その瞬間しかない音の紡がれ方…

各人がそれぞれの存在・音・質を感じながら、出たり引いたりしながら、うねりを生み出している。

これは、各人がそれまで培った自分の楽器に対する大好き感(笑)と、深い探求心、表現する心と技術を持ち合わせて、

はじめて成り立つものだと思っています。

なので、毎回、素晴らしい出産(?)に立ち会え、喜ばしい限りです!

以前ゲストに来てくれた、篠笛奏者の武田朋ちゃんは、「ドラムと和太鼓の大きな波にゆられて、その上に乗って演奏してるみたいだった!」

P1000080

トロンボーンの宮内岳太郎さんは、「スリーピースバンドみたいで、ROCKだった~」と…。

P1000111

他、ゲストに来ていただいたアーティストさんは、皆「楽しかった~♪」と言ってくれます。

これは、決してお世辞ではないと…バイオリンの入山ひとみさんなど、見てからに楽しそうでしたし。

KIMG0952

そして、また来たいと言って下さるアーティストさん達…演奏している人たちが一番楽しいのかもとも思っていますが(笑)、

その楽しさが伝わり、ご来場くださった皆さまの生活が楽しくなるよう、彩りがあるよう、元気がでるよう~と願っています。

そんな実験ライブの楽しみ方は、お題(テーマ)という言葉が、音楽という力を用い、耳に、皮膚に、ハラに、魂にダイレクトに届く感じを味わうというのがオススメです。

イメージを使うのもよしです(笑)

言語まったく必要なしなので、自由自在に解釈していただき、お楽しみいただければと思います。

 

そんな実験ライブ、お待ちしてます~。

 

宴en-to人 音届けLIVEツアー後半戦 その3 オフ日?

この旅で、初のオフ?

KIMG0118-1KIMG0126-1

KIMG0127-1

KIMG0136

臼杵の石仏から高千穂へ!

神々の国~!(かなりの移動距離…笑)

 

しっかし、台風が去っても影響はありありで、遊覧ボートへいざ!と思っていたものの、増水のため欠航(泣)

KIMG0138

真名井の滝を下からみたかった~。

KIMG0149

KIMG0150

が、さすが素晴らしい!!!

天岩戸神社、天安河原へも、そして、高千穂神社で神楽も観てまいりました。

KIMG0176

KIMG0186

宴人の二人は、何故かライブより疲れている!なぜ????(笑)

どうやら演奏してないと弱っていく、意外に働き者(笑)

満喫!!!!は、ワタクシだけ???