響道宴オフィシャルサイト

理にかない、カラダに学び、音と遊ぶ。どの空間にもとけこむ技術と即興を得意とする和太鼓奏者。

2018.12.17 朗読音楽劇「曾根崎心中」~天満屋お初最期の一日

2017年、近松門左衛門のゆかりの地で初上演し好評を博した、一人芝居のカスタムVer.として朗読音楽劇「曾根崎心中」~天満屋お初最期の一日を東京で上演します!

名作・名文を知る超入門として、また、新たな目線からのお楽しみとして、ご覧いただけます!

ぜひ!

2018年12月17日

「語り×奏で」朗読音楽劇

曾根崎心中 ~天満屋お初最期の一日~]

天満屋お初:鈴木陽代(女優)

音楽:響 道宴(和太鼓)

,武田朋子(篠笛)

ミヤケリョウ(Gt)

清川水鳥(Vc)

問合せ:リズミックキーブ 070-6665-5724(せりざわ) メール cib.hibiki@gmail.com

開場 18:30 / 開演 19:30

前売:¥3000+1drink /

当日:¥3500+1drink(整理番号無し・来店順入場)

ペア券:¥5500+2drink(店頭・予約のみ)
——————————————-
チケット販売:SPC店頭販売 / SPC HP予約 / e+

e+URL:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002278668P0030001

予約URL:https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

2017.12.27 とりっくBUNRAKU 第二夜 女殺油地獄

近松門左衛門に挑み、驚かせることに楽しみを覚えた「とりっくBUNRAKU・女殺油地獄」

近松も喜んでくれるといいなぁと、創るたびに思います。
そんな作品を是非ご一緒に!

 

観るものがその美しさ、細やかさ滑らかさの動きの質感に驚かされ、心が揺さぶられる、伝統的な文化表現として受け継がれてきた文楽人形遣い。
人間の感性を超えた動きと、発想力あるオリジナルスタイルのアニメーションダンスとが、時空を超え、音楽と溶け合い、近松門左衛門に仕掛ける魂魄のコラボレーション作品を2夜連続で上演。

 

<第二夜>
閉塞的な時代、人は理不尽さから心に鬼を住まわせてしまうのかもしれません。

伝わることのなかった愛情は、身勝 手極まりない行為に弁明の余地なし…という事態までに発展してしまった「女殺油地獄」。

不条理ながら美しく、人間の内面を抉りながら、寄り添う魅力ある近松の名作を是非、お楽しみ下さい。

<日時>
2017.12.27 19時開演(18時30分 開場)

<会場>
野方区民ホール (東京都中野区野方五丁目3番1号 (野方WIZ地下2階))

<出演>
勘緑&木偶舎(人形遣い)

TRIQSTAR(アニメーションダンス)

響道宴(和太鼓) / そうる透(Dr) / 都啓一(key) / ミヤケリョウ(Gt)

※26日のみ: A-kira(Vo)、武田朋子(篠笛)、清川水鳥(cello)

※27日のみ: 山中信人(津軽三味線)、喜羽美帆(25絃箏)

<料金>
◆特別席 15000円(限定数あり)
特典:希望日のDVD(後日発送)、DVDにお名前のクレジット入り、出演者のサイン入りパンフなど
◆一般 4500円/学生 4000円/小学生以下 3500円 ※当日券は500円増し
◆二日間通し 一般 8000円/学生 7500円

<チケット取扱い>
カンフィティ・チケットサービス→→→
℡ 0120-240-540 ※平日 10:00~18:00

主催:とりっくBunraku実行委員会
共催:特定非営利活動法人wa-shoi
制作:有限会社リズミックキーブ→公演ホームページ
問合せ先:070-6665-5724(担当:芹澤)

2017.12.26 とりっくBUNRAKU 第一夜 曾根崎心中

ついに、東京公演!

2013年10月に鯖江市で初演の「とりっくBUNRAKU 曾根崎心中」

人が人形を模し、人形が人を生きる。

そして、心中…。

 

観るものがその美しさ、細やかさ滑らかさの動きの質感に驚かされ、心が揺さぶられる、伝統的な文化表現として受け継がれてきた文楽人形遣い。

人間の感性を超えた動きと、発想力あるオリジナルスタイルのアニメーションダンスとが、時空を超え、音楽と溶け合い、近松門左衛門に仕掛ける魂魄のコラボレーション作品を2夜連続で上演。

<第一夜>
心中を選ばざるを得なかった理不尽さの中で、何を信じ、だれと生きたのか?
「死んで生きる」ことを選んだ二人の「曾根崎心中」。

近松門左衛門もびっくりの組み合わせ!

是非、お楽しみください。

<日時>
2017.12.26 19時開演(18時30分 開場)

<会場>

野方区民ホール (東京都中野区野方五丁目3番1号 (野方WIZ地下2階))

<出演>
勘緑&木偶舎(人形遣い)

TRIQSTAR(アニメーションダンス)

響道宴(和太鼓) / そうる透(Dr) / 都啓一(key) / ミヤケリョウ(Gt)

※26日のみ: A-kira(Vo)、武田朋子(篠笛)、清川水鳥(cello)

※27日のみ: 山中信人(津軽三味線)、喜羽美帆(25絃箏)

<料金>
◆特別席 15000円(限定数あり)
特典:希望日のDVD(後日発送)、DVDにお名前のクレジット入り、出演者のサイン入りパンフなど
◆一般 4500円/学生 4000円/小学生以下 3500円 ※当日券は500円増し
◆二日間通し 一般 8000円/学生 7500円

<チケット取扱い>
カンフィティ・チケットサービス→→→
℡ 0120-240-540 ※平日 10:00~18:00

主催:とりっくBunraku実行委員会
共催:特定非営利活動法人wa-shoi
制作:有限会社リズミックキーブ→公演ホームページ
問合せ先:070-6665-5724(担当:芹澤)

 

2017.10.25~29 THE FACTORY 再演!

【再演決定】舞台「THE FACTORY」

2017年2月に好評の中、幕を閉じた舞台「THE FACTORY」が10月25日から文化庁芸術祭参加作品として再演することが決定いたしました!

舞台は、文化をエンターテイメントとして伝える工場「THE FACTORY」そこでは、日本にある数々の文化をエンターテイメントとして発信している。

今回は、狂言・津軽三味線・尺八・和太鼓・劔伎・アニメーションダンスが登場。

各プロフェッショナルによる圧巻のパフォーマンスに合わせ、「THE FACTORY」の工場長と工場員がストーリーテラーとして各文化の知られざる歴史や背景を形で伝えてくれる。
まさに、伝統芸能を現代のエンターテイメントとして蘇らせた舞台です!
チケットはこちらから

http://thefactorytokyo.com/project/thefactory/

会場:中目黒キンケロシアター

開演時間
10月25日(水)  19時~
10月26日(木)  14時~ 19時~ 2回公演
10月27日(金) 14時~
10月28日(土)  14時~ 19時~ 2回公演
10月29日(日)  14時~ 19時~ 2回公演

料金: プレミア席 10,000円 / 一般席 6,000円 / U-25席 3,000円

出演者:

下條アトム、 竹井洋介、 関 健介

大藏基誠(能楽師狂言方)、 久保田祐司(津軽三味線奏者)、

中村仁樹(尺八演奏家)、 辻 本好美(尺八奏者)、

響道宴(和太鼓奏者)、 島口哲朗(サムライソードアーティスト)、

GENDAI(アニメーションダンサー)

*出演者が公演日によって異なります。

25日 中村仁樹 / 26日 辻本好美 / 27日  中村仁樹 /

28日 辻本好美 / 29日 中村仁樹

 

2017.10.6~10.7 The 門左衛門 3Days 2017

今年も近松門左衛門に挑んでみます!
今年は2作品!

「曽根崎心中」と「出世景清」。

10月6日 19時開演

会場:立待公民館
入場無料

The 門左衛門 3Days 2017  一人芝居「曽根崎心中」

鈴木 陽代(俳優)
響 道宴(和太鼓)
ミヤケ リョウ(ギター)
清川 水鳥(チェロ)

 

10月7日 19時開演

会場:立待公民館
入場無料

The 門左衛門 3Days 2017 文楽人形×狂言×コトバ×音楽「出世景清」

勘緑&木偶舎(人形遣い)
大藏基誠・吉田信海(能楽師狂言方)

鈴木 陽代(俳優)
響 道宴(和太鼓)
ミヤケ リョウ(ギター)
清川 水鳥(チェロ)
武田朋子(篠笛・能管)
そうる透(ドラムス)

 

2017.2.24~2.26 「THE FACTORY」

factory

渋谷の劇場「CBGK」で、伝統芸能を楽しみながら学べる舞台 「THE FACTORY」が開演!
日本の伝統芸能のさらなる活性化!
日本文化の本質や楽しみ方!
みなさまに発信できれば、と思っています。
日本の伝統文化を新感覚でお届けするエンターテイメン トショーをどうぞお楽しみください。

内容はこんな感じです↓↓↓

▼学べて楽しい舞台! ストーリーテーラーである謎の工場長と愉快な工場員が繰り広げるコミカルな解説。

▼伝統文化集結!豪華なパフォーマンス! 狂言、津軽三味線、和太鼓、尺八、殺陣に加え、米2冠アニメーションダンサーを迎えての豪 華なショーを堪能。

 

公演名:THE FACTORY

場所:CBGK@渋谷

期間:2017年2月24(金)~26日(日)4回公演

24日(金)19:00開演

25日(土)14:00開演/ 19:00開演

26日(日)14:00開演

<ストーリー> ここは、世界のエンターテイメントを生み出す工場。

”THE FACTORY” 2名の工場員が作業してる中、一人のスーツ姿の男が登場する。

少しミステリアスな彼は、ここTHE FACTORYの工場長である。彼は工場が作りだしているエ ンターテイメントについて語り出す。

その後、数々のパフォーマーが登場する。

パフォーマンスとともに伝統芸能の一つ一つを深堀りし、歴史、背景などを謎の工場長と愉快 な工場員が面白おかしく解説していく。

エンターテイメントは何か?

もともと人間は、なんで踊り始めたんだろ?

能楽ってなんだ?踊 ると舞うの違いって?

少しずつ解けていくような新感覚のエンターテイメントショー!

知らず知らずのうちにあなたも日本を深く知れるかも!?

「あなたは、日本文化を知ってますか?」

<メインキャスト> 横内正 平安伸伍 竹井洋介

 

<アーティスト> 大藏基誠(狂言方能楽師) 久保田祐司(津軽三味線奏者) 中村仁樹(尺八演奏家) 響道宴(和太鼓奏者) GENDAI(ダンサー) 島口哲朗(ソードアーティスト)

 
<スタッフ>
監修・脚本・演出:大藏基誠
舞台監督:滝沢直也
音楽監修:aretefact from LeadMusic
衣装監修:石川翔平
衣装協力:ファイブワンファクトリー株式会社
企画・制作:THE FACTORY TOKYO

<制作協力>
株式会社TYプロモーション、株式会社CINEMACT、株式会社ステッカー、HANABI、(株)諏訪工芸、(有)リズミックキーブ、剱伎衆かむゐ、狂言大藏流

<チケット料金>

◆プレミアム席:10,000円(特別ギフト付き) ◆通常席:6,000円 ◆学生席:3,000円

<チケット取扱い>
Livepocket → http://t.livepocket.jp/e/b6y1u

 

 

 

2016.9.7~2017.3.31 『SAKURA -JAPAN IN THE BOX-』

『SAKURA -JAPAN IN THE BOX-』とは、日本橋にある東京一長い歴史を持つ劇場・明治座が提案する、日本橋で過ごす“新しい夜のエンターテインメント”です。

国内外から多くの観光客が訪れる東京。様々なエンターテインメントがありながら、夜に楽しめるプログラムは実に少ないのが現状でした。本公演では、開演時間を19時もしくは20時30分と設定し、今まで空白だった夜間の時間帯に新しい“楽しみ”を生み出します。

何にも興味を持つことのできない女子高生・サクラは、ある日出会った白狐に導かれ、不思議な旅へと出かけます。失われた桜を再び咲かせる。サクラの旅は”再生”をテーマにした旅でもあるのです。

日本舞踊や和楽器などの伝統芸能に、アニメーション、ゲームなどポップカルチャーを組み合わせ日本の美しさ、強さ、そして四季の移ろいを表現していきます。また、様々に表情を変える鮮やかな映像、目の前で繰り広げられるパフォーマンスやダンサーとの掛け合いが、客席内すべてを『SAKURA -JAPAN IN THE BOX-』の世界に包み込みます。  ※明治座公式サイトから引用

響道宴が「邦楽監修」、弊社リズミックキーブが「邦楽制作」(キャスティング含め)として、関わらせていただいております。
大太鼓・かつぎ桶・篠笛・津軽三味線・25絃箏の5名づつの奏者が、劇中の音楽やソロ演奏などで、舞台を盛り上げております。
総勢21名の和楽器奏者が、入れ替わりで来年3月まで、出演いたします。※あらため別ページを作る予定でおります。

sakura-%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7-001

「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」  http://sakura-meijiza.com/

2016年9月7日(水)~2017年3月31日(金)

開演/19:00/20:30(日により異なります)
上演時間/ 70分(休憩なし)
会場/明治座 (東京都中央区日本橋浜町2-31-1)
チケット/ 全席指定(税込):6,000円
※4歳以上チケット必要
※4歳未満膝上無料・座席が必要な場合は有料
主催/ 株式会社明治座
特別協力/ 三井不動産株式会社
共催/  株式会社イープラス
助成/アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

2014.10.4 とりっくBunraku 「冥途の飛脚」

「とりっくBunraku 冥途の飛脚」   ~文楽人形とアニメーションダンスと音楽の新舞台 ~

2014.10.4(土) 開演/14:30~

場所:福井県鯖江市 立待公民館(福井県鯖江市杉本町702-2)

電話0778-51-3376

入場無料

 

2014.10.4 近松まつり     人が人形を模し、人形が人を生きる。

伝統的な文化表現として受け継がれ、観るものがその美しさ、儚さに心揺さぶられ、時空を超えた世界観を表現できる文楽人形遣いと、人間の感性を超えた動きと、発想力あるオリジナルスタイルのアニメーションダンスとの魂魄のコラボレーション。

artist:

勘緑・木偶舎(人形遣い)
TRIQSTAR(アニメーションダンス)

公募によるダンサーの皆さん

player:

響道宴(和太鼓)
山中信人(津軽三味線)
小濵明人(尺八)
荒井美帆(25絃箏)

ヘアメイク:柳 延人

企画・制作 (有)リズミックキーブ ・芹澤(tel:090-2739-6039)

昨年、好評だった とりっくBunraku「曾根崎心中」に続き、今回は、近松の名作「冥途の飛脚」に挑戦!

2014.2.12~2.16 「信長」 戦国エンターティメント舞台

2014nobunagatop001

 

<期間> 2014年2月12日(水)~2014年2月16日(日)
<開演時間>

2014/2/12(水)18:30[A公演]
2014/2/13(木)18:30[B公演]
2014/2/14(金)14:00[A公演]/18:30[B公演]
2014/2/15(土)14:00[B公演]/18:30[A公演]
2014/2/16(日)13:00[A公演]/17:00[B公演]

<チケット>

前売5,500円 当日5,800円(全席指定・税込)

<会場>

全労済ホール スペース/ゼロ  http://www.spacezero.co.jp/

織田信長vs今川義元 の 「桶狭間」の合戦を舞台化!

男のみ60人の出演者でお送りする超ド級のエンターテイメント!

太鼓の生演奏で、舞台を盛り上げます~。

「信長」オフィシャルHP→http://www.airstudio.jp/index_140212nobunaga.html

 

 

2013.10.5 とりっくbunraku「曾根崎心中」

イメージ (4)10月5日(土)「とりっくBunraku 曾根崎心中」 ~近松生誕記念事業~

~文楽人形とアニメーションダンスと音楽の新舞台 ~

人が人形を模し、人形が人を生きる。

伝統的な文化表現として受け継がれ、観るものがその美しさ、儚さに心揺さぶられ、時空を超えた世界観を表現できる文楽人形遣いと、人間の感性を超えた動きと、発想力あるオリジナルスタイルのアニメーションダンスとの魂魄のコラボレーション。

心中を選ばざるを得なかった理不尽さの中で、何を信じ、だれと生きたのか?

「死んで生きる」ことを選んだ二人を、ライブ感あふれる和洋融合した音楽が包み、文楽人形とアニメーションダンスで創りあげる、
近松門左衛門に仕掛ける新しい世界。

artist:

勘緑・木偶舎(文楽人形遣い)
TRIQSTAR(アニメーションダンス)

player:

響道宴(和太鼓)
そうる透(Drums)
A-kira(vo.ag)
秦野萌(key)

企画・制作 (有)リズミックキーブ ・芹澤(tel:090-2739-6039)

場所:福井県鯖江市 立待公民館
開演:13:30