響道宴オフィシャルサイト

理にかない、カラダに学び、音と遊ぶ。どの空間にもとけこむ技術と即興を得意とする和太鼓奏者。

#大太鼓、#響道宴

ここしばらくのチャレンジ

実は…この夏はこんなことをしておりました。

昨年より、響はコンテストという、これまでの太鼓人生において未経験の領域に立ち入っております(笑)

ご存知の方もいるかと思いますが、そもそもは、津軽三味線の山中信ちゃんとの、とある会話から発生したこの出来事!

コンテスト、、、、若いうちならいざ知らず、周囲も今さら?なぜ?となるなか、大太鼓3分という短い時間の使い方を、試行錯誤。

構築、バラシ、再構築・・・・の繰り返し。

自分とは違う目線を持つことを覚え、

それでもどこを目指すのか自問自答を繰り返し、

構築したものをいったん手放すことへの葛藤をしながら、積み上げていく。

この夏の酷暑の中、繰り返し繰り返し…

通常の演奏状態とは違う体験、それの取り組みをみながら、これはなかなか貴重な体験なのではないかと思う。

今まで知らなかった世界、太鼓の世界だけでもこうなのだから、
この世界は、知らないことだらけなのだと(笑)

楽しみが増えた!