響道宴オフィシャルサイト

理にかない、カラダに学び、音と遊ぶ。どの空間にもとけこむ技術と即興を得意とする和太鼓奏者。

とりっくBUNRAKUシリーズ3 「女殺油地獄」

とりっくBUNRAKUシリーズ3 「女殺油地獄」

人形浄瑠璃×アニメーションダンス×音楽 新舞台 シリーズ3作品目
「女殺油地獄」

原作:近松門左衛門 脚本:芹澤瑩乃  演出・構成:芹澤瑩乃・響道宴

人形遣い:勘緑/木偶舎

アニメーションダンス・振付:TRIQSTAR

音楽:響道宴(和太鼓)/山中信人(津軽三味線)/喜羽美帆(25絃箏)

:そうる透(dr)/都啓一(key)
ヘアメイク:柳 延人

撮影・編集:井上大輔

14572386_912894032177982_5466036051874876294_n-2

「人が人形を模し、人形が人を生きる」舞台。

伝統的な文化表現として受け継がれている人形浄瑠璃。
観るものがその美しさ、儚さに心揺さぶられ、時空を超えた世界観を表現できる人形と、
人間の感性を超えた動きと、発想力あるオリジナルスタイルのアニメーションダンス。
それらを繋ぎ新しい命を吹き込む音楽との魂魄のコラボレーションの舞台が、とりっくBunrakuです。

今回は、1721年に初演され、多くの舞台でも上演されている演目に挑戦してみました。


お吉(勘緑・木偶舎)/ お清(勘緑・木偶舎 )/ 

河内屋与兵衛(だーよし:TRIQSTAR)/ 河内屋徳兵衛・義父(つとむ:TRIQSTAR)/

お沢・母(ちゃーりー:TRIQSTAR)/お清(しょたう:TRIQSTAR)/

「X」と鬼(つとむ・きょうへい・しょたう・ちゃーりー:TRIQSTAR)他

img_4642-1

img_4671-1

 img_4638-1

与兵衛の抑えられない苛立ちや、河内屋一家の 「こらえ性のなさ」が、次々と悲劇をうみ、ついにはお吉を巻き込んでしまう、現代にも通じる、人間のさまざまな矛盾の側面を表している作品です。

与兵衛の「身勝 手極まりない行為に弁明の余地なし」なこの物語を、非現実は舞台の中で、昇華した作品です。

上演をご希望される方はメールフォームでお問合せ下さい↓↓↓

«